2020年7月30日 定例勉強会「オンライン」

7月30日(木) 通常であれば公民館で開催する定例勉強会。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止によりオンラインでの開催となりました。

 

今後、人が集まるイベントなどは方法や対策を考慮していく上で必須となるオンラインでの伝え方について勉強します。

 

今回、講師をしていただいた3名の千葉県建築士会市川浦安支部理事の方はすでにバリバリ仕事などで下記のツールを使いこなしているそうです。

 


・臼井淳成さん × Zoomパソコンやスマートフォンを使って、セミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリ

 

・小泉雄揮さん × Chatwork(仕事で必要なコミュニケーションを効率的にできるチャットアプリ)

 

・堀川成良さん × オンライン授業(現在の東京造形大学でのオンライン授業の方法)

 


この半年で仕事やプライベート、飲み会に至るまでがオンラインを活用する事に世の中が変化してしまいました。今後は時代に付いていかなければならないのでとても良い勉強会になったと思います。

 

2020年2月16日~2月17日 千葉県建築士会 親睦研修旅行

毎年恒例となっている年に一度のイベント「千葉県建築士会 親睦研修旅行」が2/16-2/17の2日間に開催されました。

 

「市川・浦安支部」からは4名の参加でした。

 

コロナウイルス対策も万全にいざ長野県へ!!

 

 

■1日目

『小布施地区』散策

 

地元のガイドさんに連れられて地区内を散策しました。

小布施築のとある『古民家』の中に、茅葺き屋根のお家がありました。

その2階部の写真です。

梁が歪曲しており、そして複雑に絡み合い、絶妙なバランスで組まれた梁同士。

 

“これってどうやって図面に落とすのだろうか?”と思った次第です。
(ま、答えは出ず・・・苦笑)

 

 

■2日目

“日本最古のお寺”善光寺に行ってきました。

流石 建築士会の旅行。

 

皆さん”ご利益”よりも”造り”に興味津々…なように見えました(笑)

 

 

そして、最後に千葉県建築士会会長も含めて集合写真をパシャリ!!(↓)

2020年2月14日 定例勉強会『断震・制振』

2月14日 『バレンタインデー』に定例勉強会を行いました。

男性ばかり10数人で(笑)

 

 

ということで早速内容に入りたいと思います。

 

今回の講師は「三誠AIR断震システム」様と「住宅構造研究所」様の2社。

 

 

■三誠AIR断震システム様より

「断震装置」についての説明がありました。

 

簡潔に言うと、緊急地震速報と同じようなシステムを使い、地震が来る前に空気で住宅を浮かせることで揺れを制御するというもの。

 

 

■住宅構造研究所様より

「制振装置」についての説明がありました。

 

「耐震」でもなく「免振」でもなく「制振」という概念を基に、新築・改築ともに使用できる優れものです。

 

 

個人的に感じたのは、「それぞれ使い分けをしっかりとしていくことで、エンドユーザー様への提案内容に幅ができる」ということです。

 

 

詳細について気になる方は下記URLよりお願いします。

 

■三誠AIR断震システム様 : http://www.airdanshin.jp/

■住宅構造研究所様    : https://www.homelabo.co.jp/

2019月11月9日 千葉県建築士会 支部交流会

11月9日は、毎年恒例の「千葉県建築士会 支部交流会」。

そこに「市川・浦安支部」からは6人参加しました。

今年は、柏支部主催の"柏大会"。
テーマは、"公×民×学でつくる『世界の未来像』"。


当日の流れとしては下記の通りでした。

①全体会議

②分科会

③懇親会

④kashiwa night

全体会議では、各種ご挨拶からはじまり、柏の葉スマートシティについての

お話などがありました。

分科会では、7つに分かれ、柏の葉エリアについて様々な切口から

学ぶことが出来ました。

そして、懇親会では、各支部から様々なお仕事に従事されている支部会員の皆さんが

名刺交換や意見交換をお酒を酌み交わしながら行っていました。

一年に一度の大イベントですので、懇親会は大盛り上がり!!

来年は”千葉支部”主催の予定です。
千葉支部の皆さんどうぞ宜しくお願いします。

2019年11月8日 定例勉強会「伝わる言葉の作り方」

11月8日(金)支部の理事でもある株式会社アイジーコンサルティングの小泉雄揮さんに講師をしていただきました。

タイトルは「伝わる言葉の作り方」です。

小泉さんは自身の15年以上の営業人生の中から学んだことを披露してくれていました。

内容としては、「言葉」は意識して作ることでより伝わるようになるというもの。

その中の代表的なものには下記のようなものがありました。

・対比させた言葉を意識的に使うこと
・理由からではなく、結論から話すこと
・大事なことは何度も伝えること

明日から使えそうな"簡単な"ものばかりでした。

折角覚えたので、明日から早速使ってみたいと思います!
小泉さん、ありがとうございました。

 

■アイジーコンサルティング様URL : https://www.ig-consulting.co.jp/

2019年11月3日 いちかわ市民まつり

11月3日(日)いちかわ市民まつりに千葉県建築士会 市川・浦安支部として参加しました。

まつりに参加された方のお子さんたちと一緒に、段ボールとペンを使って『わくわくはうす』を建てました。
最終的には豪邸が建ちました。

また、情報ブースにも沢山の方が立ち寄ってくださりました。

そして、最後は支部の会員と子供たちといっしょにパシャリ!!

2019年10月22日 浦安元町見学会

「よみとき浦安元町」の編集著者・池田晃一さんガイドの下、
浦安元町について勉強させて頂きました。

まずはじめに向かったのが「浦安市郷土博物館」。

ここでは、"漁師町"としての浦安市の成り立ちや
当時の暮らしぶりを展示物とともに感じつつ、
「べか舟」用の船大工道具や作り方を
見せてもらいました。
その後、境川沿いを浦安駅に向かいながら散歩。

建築年代のわかる市内最古の建築物「旧宇田川家」や、
当時水害に悩まされた「旧大塚家住宅」など、
当時の生活や当時漁場だった名残を感じる場所を回ることで、
"漁師町"を肌で感じることが出来ました。
その中で初耳だったことが2つ。 

①浦安には「元町」「中町」「新町」の3地域に分かれること 
②浦安市内には市の所有地が点在していること 

①今回のメイン地域である「元町」とは、
埋立されていない元々の浦安の地。
「中町」とは、昭和40-50年の1期埋立地。
そして、「新町」とは、昭和47-55年の2期埋立地のことを指すとのこと。

②の理由は、接道がない為に、
増改築は出来るが、建て替えが不可の土地。
そういった有効活用が困難な土地を
浦安市が買い取っているとのこと。

①も②も、今回の機会がなければ知ることがなかったことかもしれません。

特に②については、実際に歩いてみることで、
「腹落ち」させることが出来ました。
そして、最後は恒例の(?)懇親会へ。

会員同士がお互いに聞きたいことを聞き、
話したいことを話す。
そんなざっくばらんな感じの中お開きに。

最後は記念撮影!!
一日お疲れ様でした!!


2019年7月25日 定例勉強会「シロアリ勉強会」

7月25日(木)支部の理事でもある株式会社アイジーコンサルティングの小泉雄揮さんに講師をお願いしてシロアリについて勉強をしていただきました。

 

小泉さん自身4000件以上のシロアリ駆除の実績があり、

会社としても明治32年創業で高橋是清さんなど歴代の総理大臣も協賛されていた歴史のある会社です。

我々建築士でもなかなか知らない内容も満載の内容の濃い勉強会でした!!
 
勉強会後の懇親会でも質問が続き盛り上がりました。


小泉さんありがとうございました!

 

■アイジーコンサルティング様URL : https://www.ig-consulting.co.jp/

2019年6月30日 みんなのコルトンタワーをつくろう!

2019年6月30日(日) 「建築士の日 記念事業」として、無料住宅相談会が県内21箇所で一斉に開催されました。

 

市川・浦安支部としてはニッケコルトンプラザ2Fウエストコートを会場としてお借りし、

同時イベントとしてワークショップ「みんなのコルトンタワーをつくろう!」を、

市川工業高等学校建築科の生徒達、東京造形大学の美大生達と協同で開催しました。

 

みんなの力で4.15Mの高いタワーが完成しました。

段ボールはテープ等は使用せず、切り込みを入れて組み合わせて、

パーツを作成・積み上げをしています。

 

お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました!

 

次回は11月に大洲防災公園にて開催される「いちかわ市民まつり」にて、

住宅相談とワークショップを開催する予定です。

 

是非御参加下さい。